2008年10月25日

赤い霊柩車23

先日放送された「赤い霊柩車23・聡明な殺意」の視聴率は関東で16%でした。

一時期に比べるとやはり2時間ドラマの視聴率は落ち目ですね。
2時間ドラマ自体が減ってきてますし・・・。

減った要因は2時間ドラマと言えばサスペンス=事件が主流。
つまり殺人事件を扱う内容がもっとも多いのです。

これらの内容に必ず出てくるのが殺人シーン。
一番多いのは包丁やナイフで刺殺するというもの。
数年前、これを観た若者が真似をして実際に殺人を犯すという事件が
続きました。
これらの事件以降テレビ局側も過激な殺人シーンを自粛するようになり、
リアリティが感じなくなってきた・・・これが要因な様な気がしますね。
posted by バンタロウ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2時間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

ファンになったきっかけ

私が片平なぎささんのファンになってからはや25年(歳がバレますね…)。

きっかけは彼女の代表作の一つでもある『スチュワーデス物語』というドラマだった。

それまで彼女の存在は知っていたが、さほど気にもしていなかった。

アイドル歌手時代、某テーマパークイベント会場でたまたま「片平なぎさショー」を観たのは憶えている(笑)。

『スチュワーデス物語』当時私は中学生。
当時すごい人気だったのでクラスでもその話題で持ちきりだった。
中でも「ヒロシ」と言いながら手袋を口ではずす真理子のマネが流行っていた。
私はちょっと出遅れて10話くらいから見始めたので真理子の事は知らなかった。
はじめて真理子を見た時体中に電気が走った。

「すごい!すごすぎる・・・」

キョーレツなインパクトだった。
真理子はこの世の人間すべてを敵に回すほどの憎い女だった。

彼女を追っかけ始めたのはここからだった。
私はそれ以降も彼女の悪役を期待していたが、悪役はそれ1本きり。
あとはいい人ばかりであった。

以降彼女は2時間ドラマを中心に活動。
ほとんどが主演である。
火曜サスペンス劇場の『小京都ミステリーシリーズ』が大ヒットとなり、
このシリーズだけで30本制作された。
いつしか【2時間ドラマの女王】と呼ばれるようになったのだった。

20年近く善人ばかりを演じてきた彼女も最近では悪役も演じるようになった。
昨年の『ジョシデカ!』がそうだった。
最初は善人と見せかけて実は連続殺人事件の犯人だったのだ。
最終回は仲間由紀恵との一騎打ち。
ハラハラさせられた。
昨年は2時間と連ドラを含め10本の作品に出演したのだが、
今年はなぜか異常に少ない。
連ドラは年に1本は出演していたのだが今年は0。
2時間もまだ3〜4本しか出ていない。

2時間ドラマの低迷、減少とともに彼女の居場所もなくなってきたのだろうか・・・?

危機感を感じる今日この頃である。
posted by バンタロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

緒方拳さん

先日亡くなられた緒方拳さん。

なぎささんとは78年の『大空港』で共演しました。

なぎささんもいろいろ影響を受けたと思います。

実はこの人ずっと私は恐い人だと思ってた。

子供の頃『赤い激流』というドラマで、悪役を演じてて、その印象がずっと残ってるからだ。

コンクールで負けて以来転落人生を送っていた元ピアニストという役柄。
心も体も荒んでいた。元妻と息子の前に突然現れ騒動を巻き起こす。
音楽大学の不正をネタに学長を強請。
最後は学長に殺害されてしまうという結末。
裏話があるのだが、実はコレ、緒方氏が大河ドラマか何かの出演の為、途中降板したという話。

でも彼が殺されたことでサスペンス色が強くなり、視聴者向けに犯人当てクイズ
などもやったりして視聴率は30%近くまで行ったらしい。

緒方拳氏はその後も同じ赤いシリーズの『赤い嵐』でも記憶喪失の少女を追っかけ回す刑事役を演じ、
これも子供心に恐いおじさんだったのだった。
posted by バンタロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

深浦加奈子さん

先月ガンで亡くなった深浦加奈子さん。

けっこう好きな女優さんだった。

なぎささんの2時間ドラマにも何本か出ていたし

同年代なので親交も深かっただろうと思う。

ねちっこい演技ができる俳優としてはNo.1かと思っています。

ご冥福をお祈りしますm(_ _)m
posted by バンタロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

映画出演は?

2006年に29年ぶりの映画出演(トリック2劇場版)を果たし、
これからは映画にも出てくれると思って期待してたが
以来映画の出演の話は聞かない。

うーん、、、どうしたんだろう??

2時間ドラマが低迷してる今、居場所をどこか別の場所に移さないと
浮き沈みの激しい芸能界で生きていくのは困難かと思う。
posted by バンタロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

五月野さつき

TBSの月曜ゴールデン『ご近所探偵五月野さつきB』の撮影が終わってるらしい
という情報を、このドラマに出演した俳優さんのブログで知りました。

いつ放送されるのか楽しみです!
posted by バンタロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2時間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

赤い霊柩車を見て。

今回の『赤い霊柩車』はこれまでとちょっと感じが変わって
新鮮で楽しめました。

お馴染みだった東寺の五重塔、鴨川がでなくなった。
それだけでない、ロケ自体がすごく減って室内の撮影が増えているのだ。

婚約者の春彦も、以前はあまり探偵ごっこに協力的じゃなかったけど、
ほとんど二人で解決しているし…。

狩矢警部の登場シーンとセリフが少なくなった。
呂律が回らなくなったのは歳のせいか?(笑)

変化の理由は、ラストのクレジットであきらかになった。
制作スタッフが一新されていたのだ。

これまで脚本は長野博氏、監督は合月勇氏だったがこれも違う人に。

23回目といっても23年目というわけではなく、最初の頃は年に2〜3本はやってたのだ。

いつ頃からか年に1本、しかも秋の改変期に放送されるというパターンに定着した。

これからも続けていってほしい。

しかしいつまで二人は婚約者なんだろう?(笑)
posted by バンタロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2時間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

赤い霊柩車本日放送!

『赤い霊柩車23』いよいよ本日21時放送です!

なぎささんを見るのはなんだか久しぶりなんで楽しみです!
posted by バンタロウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2時間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。