2008年10月25日

赤い霊柩車23

先日放送された「赤い霊柩車23・聡明な殺意」の視聴率は関東で16%でした。

一時期に比べるとやはり2時間ドラマの視聴率は落ち目ですね。
2時間ドラマ自体が減ってきてますし・・・。

減った要因は2時間ドラマと言えばサスペンス=事件が主流。
つまり殺人事件を扱う内容がもっとも多いのです。

これらの内容に必ず出てくるのが殺人シーン。
一番多いのは包丁やナイフで刺殺するというもの。
数年前、これを観た若者が真似をして実際に殺人を犯すという事件が
続きました。
これらの事件以降テレビ局側も過激な殺人シーンを自粛するようになり、
リアリティが感じなくなってきた・・・これが要因な様な気がしますね。
posted by バンタロウ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2時間ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。